大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市

   

大正・昭和の日本の高度成長期、国家レベルで「床に座る生活をイスに座る生活にあらためよ」という方針が打ち出され、ダイニングキッチンでのイス式家具やソファが一般化しました。
生活様式も洋風化が豊かさの象徴となり、日本人のライフスタイルは、時代の大きなうねりに
飲み込まれていきました。しかし、そんな大きな流れの中でも、「靴を脱いで上がる」日本人は
この習慣を変えることはありませんでした。それは、日本の歴史・文化・風土・生活習慣など
から日本人の根本に根付く生活様式だったからではないでしょうか?
歴史や文化から人々に根付いているものは、いかに便利でスタイリッシュなものが他にあっても、変えることができないのではないでしょうか?

   


大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市